おまとめローンの審査!勤続年数の問題について

勤続年数というのもカードローンやキャッシングの審査では重要なポイントとなっています。それは当たり前。長く会社で働いている人と短い期間して働いていない人。あなたならどちらの人が信用することが出来るでしょうか?と質問されてしまえば大抵の人が前者を選択されることでしょう。それだけ長く働いているということは信頼にも結びつくのです。

長く働いているということは安定した収入を得ているということにも繋がります。長い年月きちんと安定した収入を得ているのであれば返済に関してもきちんと行ってくれるだろうという判断がくだされます。基本気には3ヶ月や6ヶ月未満という設定を設けているところが多い。まだ会社で働いてそれほど日数が立っていないのであれば審査の申込は控えた方が良いでしょう。

おまとめローンの審査!ブラックリストについて

ブラックリスト。この言葉を聞いたことがあるけどいまいち理解していないという人は多いのではないでしょうか。このブラックリストというのはどこの金融会社でも簡単に調べることが出来るようになっています。

金融会社の審査ではCRINというネットワークを利用して個人の返済などの記録を確認することが出来るようになっているのです。もしもその情報に過去に返済が滞ってしまっていたり返済をしていないという記録が残ってしまっていたら…残念ですがなかなか審査には通りにくいと考えておいた方が良いでしょう。このブラックリストというのは永続的なものではなく5年経てばブラックリストから除外されるようになっています。

おまとめローンの審査!申込みブラックとは?!

普通のブラックリストとは違い申込みブラックというブラックリストも存在しています。この申込みブラックというのは他社の金融会社に申込を行ってしまってブラックリストに登録されるというのものになります。もちろん1社程度であれば申込みブラックに登録されることはありません。何社も何社も申込を行ってしまっている人は必然的に怪しいということになってしまい申込みブラックに登録されてしまうのです。

もしかしたら審査に落ちる可能性もあるから何社も一度に申込を行ってしまったら…申し込みブラックに登録されてしまう危険性が高い。ですので、何社も一気に申込を行うのではなくきちんと一社ずつ申込を行うようにして下さい。一気に申込を行ってしまっては今後なかなかカードローンやキャッシングなどを作ることができなくなってしまいます。1ヶ月以内に3社以上はNGだと思って行動するようにして下さい。